Amazon広告における効果的なキーワードの入札戦略は、広告キャンペーンで適切な検索キーワードを独占しようとするブランドにとって必要不可欠なものです。AmariseではAIツールによる最先端のキーワード調査を用いて、お客様のために動的なPPC広告を作り出します。AmazonのCPC(クリック単価)は年々大幅に上昇しており、広告費を使いすぎないよう、キーワード入札価格を適宜調整する必要があります。

さらに、Aamzon広告では、商品の販売段階に応じて異なる戦略を実施する必要がある場合があります。キーワードとその必要性を理解することで、その時々にどのようなアプローチを取るべきかを判断することができます。

 

Amazon広告におけるキーワードとは?

まずキーワードとは、広告主が効果的に顧客をターゲットにするために使用する特定の単語または単語のグループです。
これは特定の製品やサービスを見つけようとするときにGoogleに入力する検索ワードのようなものです。Googleの検索ワードは製品情報やブログ内容など消費者の求める情報がヒットしますが、Amazonのキーワードでは、広告主側がターゲットとして適切な語句を見つけ、それに対して広告を出稿する必要があります。

どうやって広告キーワードを探すのか?

一般的には、ブランドの広告担当者、もしくは広告担当チームがキーワードの管理を担当します。これには、市場の調査、キーワードの実装、予算編成など、キーワードを最適化するプロセスのすべての段階が含まれます。広告担当者は、予算を使いすぎることなく、キーワードが効果的にクリックとコンバージョンを増加させているか確認する必要があります。

広告担当者にとって最も重要なことは、適切なキーワードが利用され、ブランドの全体的なマーケティング目標の達成に役立っていることを確認することです。

 

Amarise利用例
お客様の声

 

Amazon広告における主要なフェイズ

一般的な広告の考え方として、その商品を知ってから購入するまで幾つかの段階を経ていてそれぞれの段階でユーザーの求める情報や入札戦略も変わってきます。
Amazon広告における3つの主要なフェイズ(段階)は以下の通りです。

  1. 認知フェイズ
  2. 検討フェイズ
  3. 決定フェイズ

認知フェイズ

認知フェイズはブランドの認知度を上げる段階のことです。
キャンペーンの初期段階では、市場でブランド認知度と親しみやすさを生み出すことが重要です。この段階では、できるだけ多くのターゲット消費者にブランドとその製品をよく知ってもらいたいと考え、広告によるクリックやコンバージョンの獲得にはあまりこだわらないようにします。 この段階では、スポンサーブランド広告などが有効です。

検討フェイズ

ユーザーは認知フェイズを経て、商品への興味関心が高くなり、購入検討をはじめる段階に入ります。ユーザーはどんな商品なのか詳しく商品を調べることで、購入検討を行う見込み客となります。
Amazonにおける検討フェイズではどんな商品があるのか、商品名ではなく、大まかなキーワードで商品を検索する段階です。
このフェイズで最も重要なことは、売上ではなく、より商品購入に関連性の高い消費者が広告をクリックすることです。

購入フェイズ

検討フェイズを経て最後まで興味や関心を失わなかった少数の人が実際に購入される段階です。認知フェイズから少しずつ人数が減っていき、かなり人数が限定された状態です。

■キーワードの入札価格戦略はどの段階でやるべき?

キーワード入札戦略は、現在広告キャンペーンがどの段階であっても、常に検討しなければいけません。特定の戦略を中心にキャンペーン目標を作成するのではなく、特定の目標を中心にパーソナライズされた戦略を練っていく必要があります。
それぞれのフェイズで、Amazonのキーワード入札戦略をシフトさせる必要があります。キーワード入札キャンペーンを成功させているブランドは、常に認知、検討、購入それぞれのフェイズで流動的なサイクルを明確に把握しています。

■どうしてそれぞれの段階でキーワード入札戦略が必要なのか?

繰り返しになってしまいますが、各キーワード入札戦略の重要性は、ブランドがどのステージにいるかによって決まります。認知の段階からスタートするブランドは、インプレッションとCTR(クリック率)に注目するでしょう。キャンペーンが進むにつれて、ACoS(売上に対する広告費)を下げ、売上を伸ばすことに焦点が置かれます。

段階に応じて広告を出す目的が異なってくるので、入札戦略もそれに応じたものに変化する必要があります。

Amazon広告運用代行についてチェックする

■Amazon広告における入札戦略を改善する7つの方法

ここからが本題になります。Amazon広告におけるキーワードの入札を改善するための7つ方法を1つずつ解説していきます。

 

1.キャンペーンの入札戦略の種類を変更する

まずはじめに、どの入札戦略が効果的なのかを知るためにデータの収集が必要となります。
できるだけ多くのデータを収集することが重要です。データを収集する簡単な方法は、入札戦略を交互に変えて、どの戦略が最も自分の目標に近いかを確認することです。Amazonに用意された入札戦略の種類は3つあります。

動的な入札 – ダウンのみ

“動的な入札 – ダウンのみ”では、販売につながりにくいクリックに関してアマゾンが自動的に入札価格を引き下げてくれます。Amazonが入札額を下げるので、自動的に低コストでの販売が可能です。
どういった仕組みで価格を下げているのかというと、運用データに基づき関連性の低い検索ワードや成果の低いワードでの価格を下げてくれているようです。

“動的な入札 – アップとダウン”

一部の入札は上述のダウン入札になりますが、お客様が設定した割合で入札額を上げる「アップ」入札と組み合わせて、より早く売上を達成できるようにします。この入札タイプを使用するには、Amazonの広告履歴が必要です。最大で200%まで入札価格を増額させるので設定価格に注意してください。

“固定入札額”

自身で入札額を設定し、Amazonはいかなる理由でもそれを変更することはありません。ブランドや商品の認知度を上げることが主な目的であれば、Amazonは落札キーワードに固定入札の戦略を提案します。

2.インチアップ方式を試す

インチアップ方式とは、キャンペーンの入札額を最小値からスタートさせ、キャンペーンの成果を見ながら徐々に上げていく入札方法です。インチアップ方式のメリットとしては、キャンペーンのアクティビティデータを取集することで、入札額によるクリック数や入札全体の健全性を把握することができます。

 

3. “ファストメソッド “を活用する

広告を初めて利用する人に人気のある入札額を高額からスタートする方法です。ファストメソッドを活用中は、キャンペーンを短いスパンで注意深く観察することが重要です。高額入札によってインプレッション数などを稼ぐことができますが、余計な費用が出てしまうことが多々あります。定期的に広告費を見直すことで、最小の費用で最大のクリック数を得ることができます。短いスパンでの定期的な改善が必要となってくるのでその分の人的コストがかかってしまうことは否めません。

 

4) AIツールを活用する

まだ登場して間もないですが、Amazon AIは一世を風靡しました。ブランドによっては、Amazon AIとルールベースの入札の違いを比較することを好む人もいるようです。人工知能を支持する人は、入札の自動化、トレンドの記録、過去のデータの考慮、個人的なパラメータの設定によって、人工知能を有利に利用することができます。
弊社でもAmazon AI を最大限利用したツールを用いて広告を運用しております。
Amazon AIを活用したAmazon運用支援ツール「アマトピア」

Bidding Strategy

 

5.”ロングテールキーワード”を使用する

みなさんがキーワード設定を行う場合、通常は検索しているユーザーの多い「ビックワード」をターゲットとして広告を出稿していることが多いと思います。
しかし、ビッグワードは狙う競合も多く、その分広告費も高くなり、Amazon検索順位の上位に表示される事は難しいことが現状です。

少しマイナーなキーワードや、キーワードと一緒に別のキーワードを組み合わせ(複合ワード)を広告データから拾い出し、その「ロングテールキーワード」を用いて検索結果の上位に表示することができます。

さらに関連する複数のキーワードそれぞれがクリック数の増加に貢献します。もちろんクリック数の増加は、より多くのコンバージョンとより多くの売上につながります。
Amazonでは実際に検索されて商品がクリックされた場合に、その検索ワードをデータとして収集することができます。

 

6. トレンドを逃さない

入札戦略を成功させるためには、現在の運用しているキャンペーンのトレンドにしっかりと向き合ってください。もし、CPC(クリック単価)が上がっていることに気づいたら、それは新しい競合が出現している証拠かもしれません。この場合、ブランドの認知度を維持するために、入札価格を上げる必要があります。

あるいは、CPCが下がっている場合、競合他社が入札価格を下げた可能性があります。または、平均よりも高い閲覧トラフィックが発生している可能性もあります。一過性のトレンドによる閲覧はコンバージョンにならないので、そのためにお金を払っていないことを確認してください。
競合の活動を把握するのには自社で出稿しているキーワードで検索してみるのが一番手っ取り早い方法です。ぜひ一度試してください。

 

7) 入札価格の調整機能を活用する

 

入札価格の調整機能とは、検索するKPIに応じてプレースメント率を増減させることができる特別な機能です。これを利用することで、キャンペーン中に入札を調整し、目標に沿った運用を行うことができます。広告キャンペーンのどの段階でも、手早く調整できる最も簡単な戦略の1つです。
広告キャンペーンマネージャーのキャンペーン設定のページ下部から設定することが出来ます。

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP