Amazonにおける販売で広告管理が欠かせないのは、みなさんすでに実感済みでしょう。
Amazon広告に関して最良のパフォーマンスを管理する方法については、多くの誤った情報が出回っています。間違った情報を信じたままでいると、一向にパフォーマンスが改善しないどころか段々と悪くなっていく一方です。

これからクライアントや無料相談者様たちからよく耳にするAmazon広告におけるよくある5つの勘違いを紹介していきます。
これらの問題を理解することで、広告戦略を簡素化し、何がうまくいっていて、何がうまくいっていないのかをより明確にすることができます。

amazon misunderstanding

Amazon広告における勘違いその1:広告効果がすぐに分かる

Amazonのスポンサー広告がすぐに成功につながる、もっともシンプルかつ簡単なソリューションであると思ってはいませんか? これまでみてきた多くのセラーやベンダーの担当者に話を伺いますが、残念ながら、これは間違っています。たしかにスポンサー広告はクリック課金型でキーワードもオートで設定も出来てお手軽ですが、
成功する広告戦略を作成するには、時間と持続的な努力が必要です。
【Amzon広告】Amazon広告における入札戦略を改善する7つの方法

広告成功のためのポイント1:商品ページの最適化

まずはじめにやらなければいけないことは、コンバージョンのために商品詳細ページを最適化することです。商品詳細ページには、効果的なタイトル、説明文、箇条書き商品仕様、効果的な画像が必要です。商品閲覧中のユーザーをコンバージョンするように設計されていない商品ページに、広告費をかけてトラフィックを送る意味は全くありません。むしろ無駄になっているので今すぐに停止するべきです。

広告成功のためのポイント2:顧客の信用を得る

商品は広告に適したものである必要があります。広告に適したものというと顧客の評価やレビューなど、少なくともある程度の社会的な信用を持っていることを意味します。現代社会においてユーザーからのレビューは何よりも大事です。 Amazonには早期に優良ユーザーからレビュー獲得するためのプログラムであるAmazon Vineと呼ばれるシステムがあります。
Amazon Vineについてはこちら(公式ページリンク)
新商品などレビューのない商品を広告にかけてトラフィックを増やしても無駄になってしまいます。こういったプログラムやクーポンなどを利用してキャンペーンを仕掛けてレビューを獲得し、ユーザーから信用のある商品にしてください。

 

広告成功のためのポイント3:キーワード調査とコスト予測

商品ページを改善し、信用ある商品だと理解してもらえた後はじめて、広告キャンペーンを見直していく必要があります。独自の広告戦略と構造を準備し、詳細なキーワード調査を実行し、最終的な利益率を把握するためにコスト予測を作成する必要がありますキーワードとコスト予測に応じて入札価格を随時シフトさせることが成功の鍵となります。
これらのステップには、適切なデータが必要となります。Amazon公式のキャンペーンマネージャーでも問題はありませんが、特にデータ取得に関しては、効率化のためにもサードパーティ製マーケットプレイスのアドテクツールなどを利用することをおすすめいたします。
弊社のツール「アマトピア」では、AIがキーワードと入札価格を24時間体制データを取得解析し随時適切にシフトさせてくれます。
Amazon AIを活用したAmazon運用支援ツール「アマトピア」についてはこちらから

 

Amazon広告における勘違いその2:一度設定すればそれで終わり

もう一つのよくある誤解は、成功する広告アカウントを維持するために必要な作業量に関連しています。広告を見直してキャンペーンを最適化することは、基本ではありますが、それだけが広告成績を向上させるための方法ではありません。アカウントのパフォーマンスを低下させないために最も大事なのは、頻繁にアカウントを評価分析し、主要なKPIの推移に目を配ることです。この頻繁にというのがとても大事になってきます。

最近実際にあったAmariseのとあるクライアントのケースを一部紹介させていただきます。
そのクライアントのアカウントは全体的に良好で、ACoSは18.7%と安定していましたが、売上高が減少傾向にあることが明らかになりました。弊社のAmazon広告担当は、このアカウントとカテゴリー全体の両方を分析いたしました。その結果、季節とコロナ後の実店舗再開の影響により、カテゴリー全体の検索ボリュームがキーワードによっては-25%も減少していることが分かりました。
そこでとった対策としては、最も利益を上げているキーワードにさらに積極的に入札を行うことです。さらに、検索ボリュームの減少傾向に対抗するため、類似商品や関連商品を探している買い物客にリーチするために商品をターゲットとしたキャンペーンに充てる予算を増やしたのです。

結果としては予想通り、入札額の増加によりACoSは若干上昇(18.7%から22.3%)しましたが、重要なのは売上高が下落前のレベルに戻ったことです。こういった売上高の減少は、頻繁に広告アカウントを評価し、アカウント内のパフォーマンスの変動に細心の注意を払っていなければ、防ぐことが出来た事態です。一度設定してそのままにするのではなく、頻繁にアカウントを評価分析することの重要がよく分かると思います。

misunderstanding

Amazon広告における勘違いその3:Amazonの入札提案に従う必要がある

ターゲティングオプションを設定する際、Amazonが推奨入札価格を提案してくれますね?
Amazonの広告マネージャー内のアルゴリズムが常に最適な入札価格を提案してくれると思い込んでいる人がいるのではないでしょうか。実際には、多くのキーワードや商品ターゲットが、Amazonが提案する入札額とは全く異なる入札額で最大限のパフォーマンスを発揮することはよくあります。

最終的なCPC(クリック単価)は、入札額だけでなく、そのキーワードと当社のリスティングの関連性や予想されるCTR(クリック率)など、いくつかの要因に左右されます。結果的に、Amazonの推奨入札価格は単なる推奨に過ぎないです。Amazonの提案通りに入札を設定すると、過剰な出費と不必要なリソースの浪費につながる可能性が高くなってしまいます。

正しい入札戦略は様々で、キャンペーンの目的によって異なります。広告活動を強化し、できるだけ早く情報を収集することが目的であれば、最初の入札額を高く設定し、データを収集し、それに基づいて広告を最適化することができます。また、時間がかかってもいいので、過剰な出費を避けたい場合は、低い入札額で開始し、インプレッションが得られない場合は一定の間隔で入札額を増やすことをお勧めします。

Amazon広告における勘違いその4:自社ブランドやキーワードに広告を出す必要はない

多くの広告主様は、すでに自社ブランドが認知されている段階なのに、どうして自分の製品やブランドのキーワードをターゲットにする必要があるのかと問われます。自社のブランド名をキーワードとした広告を出さず、その分を、顧客を拡大するために自社ブランド以外の検索キーワードにリソースを割くことで、その費用をより有効に活用できると考えているようです。

これは決して完全に間違った考え方ではなく、ある程度までは、これは正しい戦略です。しかし、競合他社は、より多くの知名度を得るために貴社の市場シェアを減らして優位に立とうとしていることも考慮しなければいけません。競合他社はあなたののブランド名のキーワードに入札しています。あなたのブランドでの検索キーワードで競合の商品が広告表示されるようになり、彼らの商品をクリックする可能性につながってしまいます。さらに、より多くの検索結果が広告で表示され、場合によっては、検索結果上部がすべて他社広告となり、自社ブランドの可視性がゼロになることも懸念されます。
こういった事態を避けるためにもある程度、認知段階をすぎたブランドでは必ず自社のブランドや商品名に対しても広告を出すようにしてください。
自社のブランド名でたまに検索をかけてみてどういった表示のされ方をするのかチェックするのはデータを取る意味でも、とても有用なので試してみてください。

consultation

Amazon広告における勘違いまとめ

クライアントや無料相談を受ける中でよくある勘違いをまとめてきました。
記事を読んでいく中で分からないことなどございましたら、お問い合わせください。

さらに、広告の運用で思うような結果が出ない、ACoSをもう少し下げたいなど、広告運用におけるお悩みのある方は、ぜひ一度Amazonの広告運用に特化したアマライズの無料相談からお問い合わせください。
Amazon広告運用代行についてチェックする

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP